夏の土用は8月6日まで 東洋医学的に大事な時期

「経絡ヨガ」火曜日を担当しております NEST西葛西のハーディマン智子です。

季節は「大暑」となりました。夏の土用です。丑の日にはうなぎを食べて精をつける風習はあるけれど

それよりも、一年で一番胃腸に気をつけるべき2週間となります。8月6日までを夏土用といって

季節の変わり目、体の変調にも気をつけたい時期なのです。そんな季節的背景から感染症も爆発的に増えちゃうのも

分かる気がする。

照りつける太陽、熱気のある外気と湿気。

つい冷房を強くしたり、冷たいものを飲みたくなりますね。

子供たちも冷たいものが大好き

夏バテになるのはこんな順序で↓↓

むし暑いから汗が乾かない、エアコンや扇風機で汗が冷え、腕や脚の肌が冷えて、その冷えた血液が

お腹に届いて内臓も冷やす

冷たいそうめん、夏野菜サラダ、生魚、冷やしたフルーツなどの食事で余計冷える

シャワーだけでさっと済ますと芯までは温まらない

胃腸が冷え軟便になる、なんとなく出切らない感じ。何度もトイレ。

下腹部が弱くなる

お腹に力が入らないから活動が減り、また冷える、朝方に下痢をする方は相当冷えています。

便秘じゃないからいいやーなんて、いえいえ、下痢も良くありませんよ。

栄養の吸収力も衰えるので、元気が出ない。

夏の冷えは大敵ですよー、代謝が落ちて太りやすくなる。消化器官の働きが衰えると

自律神経系もコントロールが難しくなります。

胃腸を守るためにお腹を温めたり、腹巻したり、

温かい食事をとるように心がけましょう。あったかいお味噌汁は特に良いかな。

どんな健康食品を食べようとも、受け入れる側の体が整っていないと無駄になっちゃう。

まず胃腸を整えることが重要で、

その後に身体に入れる食材を定めていこう。

基本的な身体に良いこと、続けて意識を持っていきましょう

 

火曜日の経絡ヨガでは、体質に合った養生方法をお伝えすると共に

お灸セルフケアを学んだり、実践したり、ヨガのポーズで経絡の気の流れを整えるなどを

毎週楽しみながら、東洋医学に親しんでいただいております。

コメントを残す